読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんがえちゅう!

出来寛祥です。多趣味に生きていこうと思って、楽器とかスポーツとかいろいろやってます。プログラミングも好き。

イケダハヤトさんは無理ゲーって言うけどブログって儲かるんじゃないかなと思って手を出します。

考えたこと

sponsor

こんにちは。できです。寒すぎてキーボードのタイピングがめちゃめちゃしにくい季節です。Macとかアルミだから初めちょー冷たいし。今はもうぬくぬくですけどね。今日はブログって上手くやればお小遣いになるよなって思っているし、論理的に間違ってないんじゃないかと思うって話です。

 

f:id:hiroyoshi-deki:20151126192142j:plain

儲からなくても稼げるんじゃないか

イケダハヤトさんが常々ブログで食っていくのは無理ゲーだって言ってますよね。同時にちょっとしたお金稼ぎなら誰でもできると。

www.ikedahayato.com

これはもう散々ブログで書いてますが、専業で食うのは難しいですね。素人からのスタートなら、少なくとも2〜3年はかかると思った方がいいです。うちも本格的に収益化を始めたのはブログを始めて4年目からですね。

ぼくも、食っていけなくてもいいかなくらいに思っていれば苦じゃなくいけるのではと。お金は稼げるのではないかと。なんでかというと、だいたい1記事あたり書き始めでも3−5人くらいは見てくれていると思います。そうなるとイケダハヤトさんは6000記事くらいあるらしいんですけど、その6000記事を作れれば、少なくとも月間2万から3万くらいになるなって。で、1日に5記事書くと、記事数って月に150増えるじゃないですか。つまり一年で150掛けることの12なので1800ですか? ぼくは1000字から1500字の記事を書くのにだいたい15分から30分かかるので、5記事だと最短で1時間半くらい、最長でも3時間です。だとするなら、書きたいことはあるし、書き続けていれば稼げるんじゃないかと。

 

お金稼ぎはPV数だけじゃない

アフィも出来ますよね。アフィって商品買ってもらってお金もらうってことですけど、さすがに月に3万人いたら一人くらいいけるのでは?とか思うわけです。というか、人間誰でも趣味があれば、知識があって、その知識を分け与える中で、これはあったほうがいいって商品あるじゃないですか。

ぼく、ドラム教えるなら、まず電子ドラムあったほうがいいって言いますもん。最低でも、音が出ないけどドラムの形したものがなきゃダメって言います。売ってるんです、パッドがドラムの形になったやつ。そんなのは置いておいて。結局、何かやりたいって人にちゃんとアドバイスしてあげられる記事を書けば買ってくれるはず。儲けさせたくないとか言われたら終わりなんですけれど笑

 

ここまでで15分です。ほら1記事書けました。こんな記事でも、ブログって本当に稼げるの?って人の背中を押してあげられるんじゃないかな?とか思います。みんなでがんばろー!!!

 

 

© 2015 かんがえちゅう!