読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんがえちゅう!

出来寛祥です。多趣味に生きていこうと思って、楽器とかスポーツとかいろいろやってます。プログラミングも好き。

ブログで書く内容を尽きさせないブロガー視点

ブログ

sponsor

こんにちは。書きたいことがあふれまくっているできです。

ブログをやっていて、書くことなくてつまらなくなっちゃう人ってたくさんいるみたいですね。でも、なんでかぼく、全くそんなことにならなそうです。むしろ、書きたいことが増えまくってます。なんでだろうと思って、いろいろ考えてみたので、まとめてみます。

自分にとっての当たり前を他人にとっての新しさにする 

 もし、世の中がクローンだらけだったらブログって流行らなかった気がします。ブログじゃなくて、技術書みたいな? コツ集みたいなのは流行りそうですけど。

結局、ぼくがブログに書いている内容って他のブロガーさんとの会話なんです。普段、友達としている会話が面白いのって、何気ないことでも、君はそう考えるんだとか、それはそうだよねとか、とっても簡単なことですよね。他のブロガーさんに語りかけるように書きます。

 自分にとってあたりまえだし、世の中的にも大したことじゃないと思ったとしても、書いておけば一人くらい読んでくれるものだと思って書いています。読むのなんてそんなに時間かかりませんしね。書くのだって15分とかですから。

 

他のブログ記事にを読んで思ったことを書く

さっき、会話って言ったのはそういうことなんです。直接その人に向けて書いているわけではないんですけど、なんかしら返信の意図を込めて書いています。だから、ぼくはブログを読むことでどんどん新しく書きたいことが生まれます。本当に書けないよって人も、もっと普通のことに目を向けるといいのかも。友達に話しかけるくらいの気持ちで。

ネタになりそうなことをストックしておく

先にタイトルだけ考えるんです。他の人の記事を読んでこんな内容で書けそうっていうタイトルをストックしまくるんです。それが後で記事になってもならなくても。そうすると、意外とすぐに200個くらい貯まります。タイトル考えるのなんて30秒くらいですからね。むしろ、いいたいことって日常に溢れてるけど、メモしないから書きたいときに思い出せないだけな気がします。ぼくは、書きたいことを絞り尽くす勢いでメモしてます。

普段、自分が思ったことをもう一度見つめ直す

それでも、やっぱり書くことないよって日もあるんですよね。たまたま、いつか書こうとストックしたものが気分にのらなかったとか。でも、そんなときも、ぼくは自然と書くことが見つかります。というのも、1度記事にした内容とか、そのとき持っている趣味の正攻法みたいな、既成概念についてよく考えるんです。そうすると、それって本当に正しいの?みたいに思えてきます。もうそれは立派な記事になると思います。むしろ、そういう気づきが一番面白いと自分では思っているんですね。例えば、今無理やり出すなら、、、

ではドラムやってるときのこと考えます。よく素振りのような練習ってあると思うんですが、ドラムでも手足のコンビネーションのためとか、より無駄のない腕の振り方を目指すためにやることがあります。で、素振り1000回みたいな心がけってあると思うんですけど、大切なのって素振りをすることじゃなくて、より無駄のない!とかより美しい!になることですよね。きっと、素振りは何千回も続ければ、自然とそうなっていくとか、自然と楽な形がわかってくるからいいんですね。でも、素振りする前に論理的に考えてみるのもいいんじゃないでしょうか?と常々思っています。ドラムって叩くっていうより、打面にぶつかったスティックが戻って来るのを邪魔しないように力を抜いたり、その上昇する力がなくなって、落ち始めたときに手を握って打面に押し返したりするんです。それに気がつくのって難しくて、叩き続けるより事実を知った方が上達が早いんです。その感覚をつかめばいいと思って練習すると。。。。

本題これじゃないですね。今度ドラムの記事に書くことにします。でも、こんな感じで、一つ記事書けるでしょ?

© 2015 かんがえちゅう!