読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんがえちゅう!

出来寛祥です。多趣味に生きていこうと思って、楽器とかスポーツとかいろいろやってます。プログラミングも好き。

DeNA南場智子に学ぶ楽しい人生を送るためのアウトプット術

考えたこと

sponsor

就活を通して一番後悔したことはアウトプットをしなかったこと。

これからの時代に求められる人材

この南場さんの記事が話題になってました。これですよね、これからの時代に求められている人。ぼくはこれを目指していた。

この記事で言われていることは「事業を作るにはユーザーの感じ方が重要である」ということ。どんな事業であれば上手くいくという判断を下すのは経営陣ではないという考え方です。

だから、先に作ってその感触と一緒に会議に投げる。とりあえず、思ったことを実行した人が勝ちの世の中です。

アウトプットが人を育てる

ユーザーに委ねる、社会に委ねる事業の創造は、考えてもどうしようもない。この商品はどのような印象を与えるか、考えるのではなく実際に提供して調べよというのが、個人でできるレベルになってきた。

つまり、ぼくたちはアウトプットによって知識や経験を得ることができる。実際に個人がユーザーに商品を届け、価値を届けることができるようになった。それは、人生を楽しむのにはもってこいなのではないか。

ぼくの周りの楽しい人たち

すごいな、面白いなと思う人たちは上手に真似して、それを自分のものにして、新しい価値を生み出しています。新しいことを初めてそれを価値に転化する能力がある人はなかなかめずらしいですよね。

結局、そういう人って、楽しむために労働しているんじゃなくて、労働を本気で楽しんでいるように思います。

アウトプットできる人間になるには

ぼくは、考え込むのをやめるのが一番の近道だと思います。結構みんなアウトプットはしなきゃと思っているのではと感じています。でも、実現させられないだけですよね。だから考えないで、一番小さいことでいいから何か人に発信するのが大切です。

こんなの作りませんか?よりもこんなの作ってみましたと言える人間になれたら、誰よりも楽しい人生を送れるはずです!

© 2015 かんがえちゅう!