読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんがえちゅう!

出来寛祥です。多趣味に生きていこうと思って、楽器とかスポーツとかいろいろやってます。プログラミングも好き。

名刺代わりにアウトプットをしよう!自己紹介の最善の方法。

ブログ 考えたこと

sponsor

こんにちは。できです。

  • アウトプットすると相手のことがわかるから、みんなやればいいのに
  • でも、めんどくさいはめんどくさい
  • じゃあ、やりたいことでアウトプットをしよう
  • 結果として「おもしろい」を発見できる目が養われるはず。

こんなことを書いていきます。

ブログを書く意義

ブログを書く意義を言語化するとどういうことなんだろうなって思ってたんですが、ついさっき答えが出ました。

名刺もしくは取扱説明書です。

f:id:hiroyoshi-deki:20151206191714j:plain

 

名刺としてのブログ

これってエンジニアやデザイナーなどクリエイターとして仕事している人にとっては当たり前だと思うんですが、自分の功績、やったこと生み出したものを残しておくことって、とても重要だと思うんですね。

で、その功績は自己紹介の時に役に立つわけなんですが、ブログは多くの人にとって同じ役割を果たします。

自己紹介が人生を変える

自己紹介ってファーストインプレッションじゃないですか。なので、その後その人とどう付き合うか決まる大切なものだと思うんです。自己紹介で何も言わない人に自分から仲良くなりに行こうなんてパワーのある人って珍しいと思います。

だから、自分で言うことを貯めとくためにも、言い切れなかったことを伝えるためにも、ブログはとても向いている。とくにテキストが無理やり残されるのがとてもいいと思います。

人はやりたくないと動かない

でも、ぼく提出物期限ぎりぎりまで溜め込む人なんですね。で、結局焦るという。大体の人がそうなんじゃないかなと思います。

人って能動的に動くのが苦手な生き物です。だから実際はブログも辞めちゃう人が多い。

ブログのようなアウトプットのできる「やりたい」を見つける

だから、アウトプットの出来る「やりたい」を見つければいいんです。ぼくの場合はたまたまそれがブログだっただけです。文章を書くのが好きなので。他にも

イケダハヤトさんが驚いたMixChannel

www.ikedahayato.com

こういったSNSがちょうど今、その働きを持ったものだと思います。

中高生のプライバシーとか危ない側面も多々あるとは思いますが、それでも大人がどうにかマネジメントしていくことで、いいツールになるはずなんですよね。

こういったサービスって自分からアウトプットを行っているわけじゃないですか?

それがいかに機械にサポートされていても、少しは考えると思うんです。それが、将来役に立つとぼくは信じています。

普段、やりたいと思っていることを人に見てもらう

やりたくないとやらないのだから、やりたいことのなかで輝けばいいと思います。ぼくが目指すのは、一人一人の輝ける社会です。そのために、最近は自分でやっていることが当たり前だと思わないで共有するのが大切だと考えています。

とりあえずそのためにはアウトプットが必要ですね。発言しなきゃ同志も集まらないですし。

そのために、ぼくたちがすべきなのって難しいことをするのではなくて、普段の出来事の中で「おもしろい」を発見する能力を磨くことだと思います。

実際「おもしろ」くなかったら言おうとしない気持ちもわかります。だから発見しましょう。

紹介としてアウトプットをしていくのがおもしろい

おもしろい発見をできると、アウトプットしたくなりますよね。逆に、アウトプットの楽しさを知ると、おもしろいものを発見する目が養われます。

こういう、良いスパイラルを自分のなかで加速させて、よりおもしろい人間になっていきたいです。いわゆるPDCAの能力が勝手に養われて、より洗練していく感じ?

みんなのことをもっと教えてください!

言いたいのはこれです。みんなのことをもっとよく知れれば、もっと楽しく生きられると思うんです。

みんなで、発信していきましょう。

 

© 2015 かんがえちゅう!